Athlon X2 7750 BE と M3N78-EM と DDR2-800 メモリの組み合わせで不具合

 7年ぶりにPCを新調するという友人に予算MAX4万円でAMDCPUを使った物を。というのが本人の希望。自分が考えたいくつかのパーツから、説明しつつ選んでもらうことになったが、自分も調査不足だったというかなんというか。
 友人がセレクトしたものは。
 Athlon X2 7750 BE
 M3N78-EM
 W2U800CQ-2GL5J
 となった。
 最近のマザーはIDEが一つしかないので、SATAのHDDに海門の500GBを追加購入。
 3万円越えないことで友人も喜んでいた。
 この時点では楽勝だろうと自分は思っていたのだが、それはすぐに覆されることとなる。

 組み上げ+OSの一応のタイムリミットまでは残り2時間を切ったが、既存のPCのマザーを外してCPUとメモリを取り付けたマザーを組み込んだのは25分程度で終わった。
 が、電源が入らない。

 マザー上の通電LEDは点灯しているが、うんともすんとも言わない。
 多分ここで色々試せば良かったのだろうが、7年前のPCということで、自分にも先入観があったのだろう…。電源を疑った。何せ250Wだったから。
 ということで急遽電源を購入することに。パワグリ500Wを6000円で。

 が、起動しない(BIOSすらこない)。
 ちょっと配線のミスがあり、スピーカーが鳴っていなかったことに気づいた。
 メモリを抜いて起動してみたところ、メモリーエラーが出たことで、メモリを疑う。
 1枚挿しテストしてなかったなぁと。
 結果(2枚組の為、それぞれのメモリでチェック)
 Slot1のみ両方NG
 Slot2のみ両方NG
 Slot3のみ両方OK
 Slot4のみ両方NG
  (Aの時、FANの速度が変化する、起動しそうな動きはしていた)
 2枚挿しは全組み合わせでNG

 初期不良踏んだかと考えさせられる結果だが、Slot3のみOKという理由が分からない。
 とりあえず時間が無いため、OSのインストールができればメモリ固体として問題は無いと判断できるとして、XP Pro SP3をインストールした。
 BIOSが0502だったが、0503が出ていたので、アップデートしたが状況は変わらなかった。
 OSは普通に動作していて、問題なさそうだったので、その日は時間もおしていたこともあり終了。

 自宅に戻って7750がDDR2-1066をサポートしているのを知る。なんとなく原因はこのせいじゃないかと思いつつ、SPD付いてるしマザー側で調整してくれるもんだろうとも思いながら、ベンチマーク記事を漁りなおすとDDR2-800で実行している。訳が分からない。

 多分、7750を使用した場合のこのマザーのメモリに対する挙動がおかしいのだろうという思い込みをこめて、次の休日にDDR2-1066(W2U1066DQ-1GLZJ)を用意した。
 結果
 2枚挿しALLOK
 Auto認識時に
 Slot1+3 or 2+4 でUnGanged DDR2-800
 Slot1+2 or 3+4 でGanged DDR2-1066
 で動作するところまで確認。

 晴れ晴れとした気分になった。
 コアがPhenomということで、UnGangedのが良いのかなと思いつつ、そこは任せることにした。

 不良じゃないかと疑われたDDR2-800のメモリだが、Memtest86+では異常は出ず(Q9300+G31)、今は自分のPCに収まっている。

 ということで、同じ組み合わせでPCを作ろうとした時には注意して欲しい。組み合わせによる相性としか思えない。今回は自分の調査ミスで友人に迷惑掛けたかなと思ってしまったが、長年の付き合いもあり、笑って良い経験になったと言ってくれたのが助かる。
 ちなみに、別なメーカのDDR2-800のメモリならどうなっていたのか興味がある…。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

らの字

Author:らの字

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク