スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん! が終わった訳だが

けいおん! 12話 「軽音!」 13話 「冬の日」

 正直なところ、わざわざ番外編で13話目作るくらいなら、もっと最後のところ掘り下げて2話構成とかにした方が良かったんじゃねーのかなと思った。
 中身は悪くは無いんだけど、充実してないというか薄い感じがした。
 無理矢理締めちゃうような雰囲気はそんなに感じなかったけど、何か足りないというか。

 唯の成長をナレーションしてたけど、これは第2期の製作がしばらく無いことで、一旦完結させるような流れに感じた。
 実際のところ、コミック2巻までしかでてねーし、よくアニメ化したもんだと思ったけども、さすが京アニってだけの作品にはなっていたと思う。
 MステにやたらCDがランクインしてたり、使ってる物が売れたりと多少世の中にも影響は出てるようだけども、あと2,3ヶ月したら過去の物になっちゃうだろうな。
 ギターやらベースやら購入した人もバンドやるような人じゃなくて 「ただ勢いで購入した。今は反省している」 みたいな雰囲気じゃねーのかなぁ。


 13話は軽音関係無くただのトタバタ劇になってて、個人的にはあまり意味なくね?って感じがした。楽器触ってない普段の生活を描くから番外編なんだろうけど、必要あんのかなぁと思わざるを得ない。

 普段からやってることとあまりかわらねー。変わってんのムギ位っしょ。普通の女子高生みたいにバイトもやってみたい!みたいな。と思ったけど2話でバイトしてんだよね。一人でやることに意味があるとかそんなんじゃなければ、定番は親の誕生日プレゼントか。
 てか部活やっててバイトって結構無理があるんだけどな。本気で部活してれば。
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

アニメまとめ見

けいおん! 11話 「ピンチ!」
 普段は無いシリアスな話。
 今まで律にあまりスポットが当たった回が無かった気がするし、こういうのも良いんじゃないかとは思った。普段ポジティブっぽく見えるほどアホに明るい律の普段と違う面や、澪との付き合いでの絆の深さと強さがちょっと分かるような演出も悪くは無い。

 とかそんなのは今回の回の問題ではないかな。
 次回予告で、「最終話」なーんて出たら、Yahooのトップニュースにまでなるアホなネット社会現象発生。

 けいおん!が生きがいだとか言ってるようなのは、どうせ別な萌えアニメが出たら即行乗り換えて、「○○萌え~v」とか言うような連中だろうけどな。
 そういうのが色んな意味で経済支えてる部分もあるだろうからダメだとは言わないがw
今日もやられやく Yahooってたまにアホだよね


咲 -Saki- 11話 「悪戯」
 部長最強!みたいな。
 てか相手も譜面みておかしいと思ったら一発で振り込んでんじゃねーよと思うだろう。せめて一巡回せと。演出にしてもアホす。5ピンのはしゃーない気もするが。

 福路さん可愛いよ可愛いよ。

 タイトルはエトペンの部分なんだろうけど、そっちは盛り上がる内容じゃないんだよねぇ。原作に忠実なのもいいけど、変えた方が良かったんじゃねーかなぁ。


蒼天航路 11話 「群雄立つ」
 ちょっと進行が早い。
 話の目玉は目玉食っちゃった夏侯惇と華雄が討ち取られるところですかね。
 華雄の強さが満足に表現されてなかったのが残念。討ち取ったりーで袁紹がぐぬぅみたいな場面がちょっと欲しかったかも。


 ちょっとしたことで黒執事に興味が湧いた。今度漫画喫茶で読んでみるか。

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

咲 -Saki- 第10話 「初心者」

デフォルメ衣ちゃん 頭なでられて緩んだ泣き顔も可愛いのですが、デフォルメもなかなか。
 というかマスコットキャラだよなぁw
 本性の出る時が楽しみでならない。どんな演出をしてくれるのか。

 話は原作ままでした。
 半荘が短いと素人がプロに勝つこともあるかも知れないという話もありましたが、よほどビギナーズラックが発動しない限り、麻雀では起こりえない気がするんですけどね。

 京太郎は相変わらず不憫な子。出番があって良かったなぁと思うくらいw

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

蒼天航路 第9話 「董卓上洛」

 いよいよ面白くなる乱世状態への移行を描く今回。

 董卓がきたことでひたすら無法化していく洛陽の都。
 蒼天みてると、董卓ってかなり賢いよなーと、横山三国志から入った自分は思う。
 ただ、李儒の献策とかほとんど描写されてねーし、つれてきた兵士の強さを示すようなのもなくて、ちょっと物足りない感じ。あと、暴虐ぶりの描写が足りないかな。窯で反対者を煮て食うところとか描写されてなかったし(放映できねーだろうけど)。

 今回の可哀相な人 「丁原」
 呂布の出現で守ってもらうどころか、出現の演出で殺されてるしw

テーマ : 蒼天航路 
ジャンル : アニメ・コミック

けいおん! 第10話 「また合宿!」

 第2回けいおん水着大会ーー! 梓もあるよ。

 あずにゃん日焼けしすぎです。もうすこしUVに気をつかいましょう。
 水着跡は嫌いじゃないですが。

 憂の出番をもうちょっと増やしてあげてください。
 というか憂目線からの唯はなんかペットが可愛いと言ってるような気が。
 可愛いければなんでも許しちゃうような。
 天然姉妹。

 可愛いは正義 …は違う漫画か。

 軽音やってるのがネタの一つとしてしか扱われてないから、練習風景とかが端折られてるのがなぁ。漫画でも動きのある動きが書ける構成してないから、アニメでおこすのは厳しいものがあるだろうけど。

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

咲 -Saki- 第9話 「開眼」

決勝戦先鋒戦結果 相変わらずパンツ穿いて無いアニメで絶対見えないような構図がやたら多いこのアニメ。
 いいなぁ特殊能力と思わんばかりの麻雀特化スキルに苦笑するしかないんですがw

 元々麻雀と言えば男がやるものという風潮もあって、女性がやるというのは非常に珍しいのですが、どうみても狙ってやってる上にヲタターゲット化に成功してて商業的にもうまいもんだと思います。

 普通に麻雀やってるだけだと、誰が勝ったとか、何あがったとか、鳴きがーとかぶっちゃけ地味なんですが、派手にキャラクターの性格付けをしてそこに焦点を当てることでストーリーを面白く出来るのは「哭きの竜」時代から変わってねー気がします。

 今回はこれに萌えの属性を付けることで広がりもあるのですが、主人公は特殊能力があるにしても、キャラ的には地味なんですよね。
 ただ、これを和と組ませて百合っぽくすることで、対比的に和の萌えキャラ属性を持ち上げている気がします。
 やりすぎなところも多い気がしますが…。
今日もやられやく 『咲-Saki-』DVD2巻限定版特典の抱き枕がもうアウトな件
今日もやられやく 今月のメガマガの『咲-Saki-』ピンナップがやばいと思うんだ
 衣の絵、ぜってー抱きまくらになるだろwww

 ぶっちゃけ脇役は地味なのがすげー多いのは一部特殊キャラの反動ですね。全員がスペシャルだと能力がインフレしちゃうから。。。

 まぁ、ピンナップみてたら宇宙をかける少女がちょっと見たくなりました。人気もあるみたいだし。

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

らの字

Author:らの字

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。