スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RH3850-E512HWSの笊化

 RH3850-E512HWSのFANがやかましいってことで、2chでは回転を下げると割とマシにという話があったのですが、やっぱ安心して使いたいこともあり、笊化することに決めました。 RH3850-E512HWSにVF900-Cu取付
 んで取り付け。
 一番端っこの穴4箇所で普通に付きます。
 FANの中央がボードの先側か、固定側か悩んだのですが、先端の方に。
 元のグリスがこんもり盛っていたので、そのままちょっと中央に盛り直して。
 付属のファンコンは使わずに、他のFAN制御にも使用しているFANCON-6Pに接続して回転制御はOK。ただし、回転数のモニタは出来ない。
 ってことで、音が聞こえなくなるところまで回転数を下げて温度をCCCで確認してみました。
 とりあえず、平常時42度、ゆめりあ5回ループ終了直後62度を確認。室温28度位。汗がーw

 CCCを入れなおしたら、不具合出ていたSleipnirの表示も直ったので、BIOS書き換え後は入れなおせってことですね、ハイ。ということで、ハードウェア的にはあとデータ用HDDをどうするかですが、多分クレバリーの3年保証あったはずなんだけど、レシートがでてこねーので、新しく1TBの買って外付けのケースに付けて、それから外したのをつけようか悩んでいるところ。
 とりあえず、現状聞こえてくる音は、キーンを下げたようなWD3000GLFSの音だけになりまして、相当前より静かになりました。空気清浄機のがうるさいw

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らの字

Author:らの字

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。