スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Athlon 64 に組み替え

コンデンサが吹いたPCをようやくAthlon64に換装。

購入物。店はカクタソフマップ。
AMD Athlon 64 3500+(2.2GHz Winchesterコア) 3万ちょい
Gigabyte GA-K8NS-939(nForce3 Ultra250Gb) 1万3千くらい

MSIのK8N Neo2 Platinumと悩んだんだけど、カクタで売ってなかった。
クレバリーに友人がいるんでそっちで買っても良かったんだけど、CPUが3000円高いとかちょっと気になる値段差だと思いませんか?
付属品とかチェック。

マザーは当たり前。
IDEのケーブルが2本。
S-ATAケーブルが2本。
S-ATA用電源コネクタ2本分岐変換ケーブルが1本。
前面USB用ブラケット。
バックパネル。
3500+とギガ939マザー
マザー全景と付属品

とりあえずCPUの表面も撮影ずざっと。
やっぱコアむき出しじゃないのはいいです。
3500+表面

で、組み換え。
安物のへっぽこケースなので、HDDかケースFAN外さないとマザーの取り外しできねぇとか面倒なことに。

まぁ、そんなこんなでやったことない64取り付けですが、前より簡単で安全になってますね。
コアがむき出しになってないからぐりぐり動かすのも気にならないし。

リテールで付属してるヒートシンクFANの裏のシートの保護カバーを剥がして、向き合わせて乗せて留め金下ろして穴に入れたらレバー引っ掛ける。
言葉で書くと難しく感じるかも知れないけど、前みたいに力掛けてマイナスドライバーでぐりっとやるよりはずっと簡単で楽でコア欠ける心配も無くて安全。
リテールFAN装着

普通、動作確認にCPUとメモリとVGAと電源組み込んだら起動確認するんだけど、色々面倒なので全部繋げて、前のOS入れたまま起動させてみたり。
DELLの液晶がうちの環境だとBIOS出ないのがものすごくネックになってしまい、飯山の液晶繋げて表示させるとか面倒な。
とりあえず普通に起動したので、OS入れなおしは不具合出たらにしようと思い、各種ドライバを組み込んでベンチマークとか取ってました。
ベンチの数値だけ見ると、AthlonXP時代とクロック当たりの能力変わってねぇ気がします。その辺は次回に。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らの字

Author:らの字

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。