スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zenfone5の設定トラブル

NifMOから端末が届いてうきうきーっと。
意外と重いなとでかいなと重いながら付属品などを確認。
購入した本体はREDです。
箱とか内容品とかは色々他のサイトでレビューあるから省略。

NifMOは今なら保護ケースとフィルムも付いてくるよー。
っていうキャンペーンがあって、どこのがついてくるかなーと思ってたら、
ELECOMの物がついてきました。

ZenFone 5用シェルカバー PM-ASZF5PVシリーズ 「PM-ASZF5PVCR」

透明ケースではなく、紙製の白い箱で明らかにOEMですが型番は記載されていました。
製品には記載のない、ほこりとりのクロスと貼付け補助とおぼしきシールもついていました。

ケースはこのタイプを利用しようと思ってましたし、フィルムは買わなくてすむならいいかと思っていましたが、
指紋低減とはいっても結構つくし、反射防止っぽいノングレアなんですが、結構反射するので、
そのうちフィルムは交換するかも知れません。
(でも面倒くさがりなので、よほど汚れないとやらないと思います)

で、貼って、はめてさぁ設定…。
あぁ、裏蓋はずさないとSIMカードさせねーじゃん。。

ということで外してSIMカードをさくっと。
ケースはめなおし。。。

電源おーん! 入ったけどバッテリーすくねーからAC接続。

一緒に入ってた紙のとおり、Googleアカウント設定して、Gmailとプレイを確認してOK。
固定電話から電話してみて繋がった!

よしOKと思って画面みてたら、システム更新がありまーす。
とのことなので実行。

しかしこれが罠でした。

Zenfone5のことを調べていく中で一番気にしていたコレが自分にも当たりました。
『システムアップデート後 WIFIが使えない?』のクチコミ掲示板

自分はそういうのあったな、というので思い出したので解決は早かったのですが、
知らない人とかパニックになるだろうね。

Googleプレイ開発者サービスが落ちまくるわ
Googleプレイにログインできねーわ
Googleサービスがすべて同期できねーと

何事かとw

アカウント削除して追加しなおしてもダメだしやっぱ初期化するしかねーな
ということでさくっと初期化して、記載があるように再設定。

ASUSのサポートに電話して解決しました。
複数の購入者から同じ問い合わせがあるそうです。

1.[バックアップとリセット] -> [データの初期化]
できれいさっぱり初期化する
2.次の初期設定時に、Wifiのみ接続して、
 google,asus どちらのアカウント設定もスキップする。
 [同期]も念のため、OFFを選択しておく。

3.その後、各種アカウントを設定する。

がその方法です。
今は、wifi接続ができるようになりました。


ということで直ったーと思ったら、やっぱGoogleが同期しねーの。
本来チェックボックスが出て、アプリごとに選べるじゃないですか。
そのチェックボックスがなくて、手動でしか同期できない状態。

まぁこれは簡単に直りました。
設定→データ使用量→設定の「データの自動同期」にチェック
これでチェックボックスが復活して無事に同期。

その後は特にエラーもなく、今も触っています。

あ、NifMOのデフォインストの2つのアプリは当然のごとく消えてました。
Googleプレイからきちんと落として入れなおしてありますw

元々は、
MEDIAS TAB UL N-08D
を使っていたのですが、これがまた遅かったんだ。
同じアプリを操作するにしてもさくさく快適になったのでもう嬉しくてしかたがない。
持ち運びに不便さを感じていたTABから解放されました。

片手操作に慣れていくのはまだまだこれからだし、
画面サイズそこそこでかいので、やっぱり両手操作の方が早い感じはします。

そういう意味でも楽天のシャープのやつ欲しかったんですけどね。
単品売りしてくれねーかな。

そしてSDカードを差し替えるためにまたケースを外すはめになった自分がいましたc⌒っ.д.)っ
これは自分の環境との相性かと思いますが、
Zenfone5でLTE通信すると、PCのスピーカーからノイズが発せられます。
結構気になる音の高さで。

他の方はどうでしょうかね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らの字

Author:らの字

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。