スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューブ組み立て

QuixunのFusion HK7N がとあるところで9999円で売られていたので、なんかもう勢いで購入。

最近は実働をキューブにさせて、ATXとかは鯖にしようかとか、自作の楽しみを半分捨てるような考えもあったりします。拡張ボード使わないのとHDD外付けできるならATX要らないんですよね、正直。

で、こいつに付ける為に、クレバリーでWD2500JBとHynixのPC3200 DDR512MBを2枚購入。
HDDはクレバリーでは独自に3年保証してくれるようです。ちなみにRMAは×でした。
特別レシートに押印してくれる訳でもないのに、どうやって3年保証だと購入者は主張すればいいんだろうか?
WD2500JBのRMAはNG

マニュアル読みながら順番にとか言いたいですが、日本語マニュアルには一部不備があって、HK7NのCPUヒートシンクの取り外し方が英語のところにしか書いてません。日本語のはソケ478が書かれていて、2ch見るとそれで嵌る人もいるようです。でも構造見れば分かると思うんですけどね、慣れてる人なら。
外すのは楽でしたが、付け直すのが大変でした。とにかく固い。うかつに力入れたらコア欠けも起こるかと無駄に緊張。あとは難しいところは無いと思います。

とりあえず普通に起動しましたが、2chでも言われていたように電源から高周波に似た音がしてきます。鳴くと表現しますが、この鳴き方がものすごく自分にとっては耳障りなので、近いうちに対策をしようと思ってます。
FANは静かなのに交換するのが良いと言われてますが、特に五月蝿いと思えませんでしたので、交換予定は無いです。やるなら電源のコイルにホットボンドぶっかける時に一緒にやってしまいたいところですけどね。もちっと音の確認をしてみないと何とも。

いやしかし、nForce2-GTのアナログ表示は汚い…1024*768程度なら問題無いけど('A`)

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らの字

Author:らの字

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。