スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

775Dual-VSTAと相性問題?その2

サブPCがゲームPCに昇格してひとつ悩んだのが、サウンド関係。
今までメインにつけていたSE-90PCIを付けるかどうか。
で、とりあえずオンボードを使ってみたら、ゲームでノイズが載ることが判明。
ちょっと動作させたところでジリジリプチプチというなんとも言いがたいいやーな感じのものが。

なんとなくSE-90PCIを外すのが面倒だったんで、BIOSの設定をいじってみる。
PCI Delay Transaciton をEnable → 効果無し
PCIE Downstream Pipeline → 効果無し
PCI Latency Timer を64に → 効果無し

オンボの音質でも我慢できるんで使おうと思ってたけど、諦め。
余ってるサウンドカードのSixPack5.1+を取り出し。
PCI4にはLANカードを挿してるんで3へ → 酷くなった(;´д`)
PCI2へ → 上記変化無し

775Dual-VSTAは初期導入時にLANカードがPCIを選んだことがあったので、これはもう相性とドライバの問題かと諦めかけ。

もういいや的に、最後に取り出したるは過去の遺物のYMF754。
これがぴったりと言いたいんですが、やはりマザーが特殊だから難しいんでしょうね、色々。
PCI3だと認識されず。
PCI2でドライバインストールされ使えるようになりましたが、何故かゲームポートが2つ。

けどノイズは消えました。
さすがに枯れたというか枯れつきた感のあるカード。
一応の解決とします。
PCI1を使わないのはすぐ上がPCIexでただでさえ熱いP79GS-SP付けてるんで避けたいという考え。

本当はゲーム用なんで、SB AudigyとかX-Fiとか買うかなぁとか思ってたんですが、とりあえずってことで。
SixPackがうまく動作しなかった時はもうマザー変えようかとも思いましたけどね。
AbitのF-I90HDとか面白そうなので。

775Dual-VSTAのPCIをフルに使ってる人とかいたら、個人的に神認定しちゃうかもなぁ。苦戦しすぎだ。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らの字

Author:らの字

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。